スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←誰「愛誤も含めて」もが出来て皆が楽する得をする・・・
        (5) →野良猫の活用方法その3 
        (172)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【誰「愛誤も含めて」もが出来て皆が楽する得をする・・・
        (5)】へ
  • 【野良猫の活用方法その3 
        (172)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

野良猫の有害性

愛誤の好きな欧米でも野良猫餌付けは迷惑してる (2)

 ←誰「愛誤も含めて」もが出来て皆が楽する得をする・・・
        (5) →野良猫の活用方法その3 
        (172)
今日の国営放送の教育テレビでスカンクの様子を映してたが
やはりアメリカでも野良猫餌付けが元でスカンクが異常に
街に住み着き、色々と住民とのトラブルを起こしていた。

愛誤が自らの家の前で野良猫餌付けの餌を撒くとそれに釣られるというか
横取りする為にスカンクが夜な夜な現れて地域の生態系を狂わせてしまっていた。

まぁ、そこで住民自身が気づいて餌付けを止めるとそれ以来ピタっと
集まらなくなったらしい。
只、日本じゃ愛誤のゴネ力が強すぎて、「んじゃ地域スカンクにすれば」なんて
お○カな発想にすり替えられてしまうが・・・。

日本でも同じ現象が彼方此方で起きているのではないかな?
ラスカルとかチョウセンイタチとかハクビシン「否一部タヌキもかな」なんてのは
キャットフードは喜んで食うし、カロリー高いから爆発的に
増えて野良猫と同様、野生の生態系を狂わすだろう。

特にタヌキは東京なんかだと人間様より先に居着いている野生動物なので
その生態系を崩して増やせば、駆除対象になりかねない、
愛誤が動物愛護と真逆の行為を助長している。

いい加減、餌付けは罰則付き禁止にしないと
可愛いタヌキもカラスの二の舞になるぞ。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【誰「愛誤も含めて」もが出来て皆が楽する得をする・・・
        (5)】へ
  • 【野良猫の活用方法その3 
        (172)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【誰「愛誤も含めて」もが出来て皆が楽する得をする・・・
        (5)】へ
  • 【野良猫の活用方法その3 
        (172)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。