スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←国際貢献に野良猫を使おう
        (17) →野良猫愛誤109番目の煩悩
        (5)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【国際貢献に野良猫を使おう
        (17)】へ
  • 【野良猫愛誤109番目の煩悩
        (5)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

野良猫の有害性

N野良猫E餌付けSしたいS症候群「頭文字を取ってNESS?」 (3)

 ←国際貢献に野良猫を使おう
        (17) →野良猫愛誤109番目の煩悩
        (5)
エバゲリだっか何かのアニメの秘密組織みたいな名前だが
多分、将来こんな名前の完治不能なビョーキとして残るだろう?

この手の患者は主に、血中愛誤度が高い所為か、
野良猫との接触頻度が異常に高く、トキソにオツムを侵され
脳内にお花畑ラビリンスが発生し、もはや人間としての
人格は全て破壊され、制御不能になっている症状を指す。

野良猫の下僕としてのみ、存在することを唯一の生きがいとする。
なので、猫マゾであり、主である野良猫に捕獲や餌付け禁止等の
危害が加わろうとすると激しく反発抵抗し、時に
実力行使「ブッスリ」も厭わない非常に危険な存在になる。

現在の科学では未だ治療法は見付かっていないが、
取り敢えず、無闇に近づかない、必ず距離を保ち
複数人で対応し、説得は無意味である故、出来れば
そのまま、基地外病院に強制入院させるしか手立てはない。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【国際貢献に野良猫を使おう
        (17)】へ
  • 【野良猫愛誤109番目の煩悩
        (5)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【国際貢献に野良猫を使おう
        (17)】へ
  • 【野良猫愛誤109番目の煩悩
        (5)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。