スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←害獣捕獲の妨害や餌付けだのやってると・・・
        (17) →クソ暑いと野良ぬこの盛の声でイラつくね
        (11)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【害獣捕獲の妨害や餌付けだのやってると・・・
        (17)】へ
  • 【クソ暑いと野良ぬこの盛の声でイラつくね
        (11)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

愛誤アイゴーーーーーー∞

欧米の愛誤団体?から何やら意味不明のコメントが・・・ (8)

 ←害獣捕獲の妨害や餌付けだのやってると・・・
        (17) →クソ暑いと野良ぬこの盛の声でイラつくね
        (11)
今日はさんかくさんのサイトで笑わせるような欧米を騙った?
コメントのレスについて書いてみよう。

事の初めはさんかくさんの記事での俺のコメントが

「なるべく早急に
警戒区域の害獣を始末しないと
何も知らない市民が間接的に被害を受けますよね。
まぁ、空腹だろうから毒餌が最も
効率的でしょう。それでも生き残った個体は
自衛隊員の射撃の練習用の的にして貰いましょう。」

んで今度はさんかくさんのレス

「只野乙三さん

>生き残った個体は自衛隊員の射撃の練習用の的にして貰いましょう。

チェルノブイリ原発事故では、半径30キロ以内の飼育動物は全て殺処分され、ほとんどが埋められ処分されました。
多くが銃殺だったようです。」

更に俺のレス返し

「射撃の練習にして射殺を述べておられる方、この表現は、既に、欧米我々の間で、(欧米における愛護団体というのは、獣医師、それぞれの分野での専門家-医学以外のあらゆる分野、軍隊所属者とまさに多種の人間から構成されております。)日本人国民性ととられてしまっており、波紋と衝撃を生んでいます。

その「射撃の練習にして射殺を述べておられる方」の只野乙三です。

どの道、殺処分なら人間様に役立つ形が良いのではと思い
愛誤の好きな欧米流の合理的発想に倣って
そのような意見を書きました。

欧米では、家畜以外も随分と残虐に楽しんで
ボコボコ殺しているでは有りませんか「イルカを含めてね」?
それで、毛皮はダメ、ベジタリアンになれとか
一々煩いしウザイですよ。」

まぁ、最後の煩せえとかウザイは余計だったかな?
それでも俺は酒池肉林に住むベジタリアン端くれとして
他人にまでは己の趣味嗜好は強制しないぞ。

更にさんかくさんのレス

「只野乙三さん

>欧米アニマル・ライツ団体・関係者・専門家・賛同者よりさん

>>射撃の練習にして射殺を述べておられる方、この表現は、既に、欧米我々の間で、(欧米における愛護団体というのは、獣医師、それぞれの分野での専門家-医学以外のあらゆる分野、軍隊所属者とまさに多種の人間から構成されております。)日本人国民性ととられてしまっており、波紋と衝撃を生んでいます。

私からも申し上げれば、日本ほど銃器の所持使用の制限が厳しい国は例を見ません。
民間人はもちろんのこと、治安を守る警察官においても、発砲は年数回あるかどうか。
これは海外でも周知されている事実です。
「動物を射撃する」のは、欧米の方がはるかに一般的で、スポーツハンティング人口比率も日本と比べ物にならないぐらい多いです。
また銃器による殺人事件もね。
それを「動物を射撃する日本人の国民性」が欧米で衝撃と波紋を生むわけが無いと私は思いますが、信頼に耐えるソースを明示していただきたいものです。

また、日本における動物虐殺は、ナチスのユダヤ人虐殺をユダヤ人に連想させるとの記述ですが。
ドイツの動物愛護政策は、ナチスのヒトラーが強力に推進したものでいわばナチスの遺産です。
むしろ偏った動物愛護政策こそ、ユダヤ人にとってナチスを彷彿とさせるものかもしれません。
貴殿は「(動物愛護の)専門家」を自称されていますが、動物愛護に限っても、余りに無知という感じを受けます。」

そんなに野良ぬこ愛誤は日本人を貶めたいのかね?
自虐的なのは愛誤の特性として認めてやるが
愛誤以外の国民を巻き添えにしないでくれよな。

「多種の人間から構成されて」って社会から
撮み出された危ないヤツの寄せ集めとかじゃないのか?

日本人の国民性?じゃあ、
嘘つきで好戦的で他国に介入して己等の価値観の押し売りをする欧米人の国民性ってのは?



スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【害獣捕獲の妨害や餌付けだのやってると・・・
        (17)】へ
  • 【クソ暑いと野良ぬこの盛の声でイラつくね
        (11)】へ

~ Comment ~

NoTitle

300m先からだと猫なんて只のタンパク質の塊でしかない。
弾頭の回収で捌く必要がでる、誰が捌くのか・・・
使用後は射場を清掃する、猫の死骸なんて触りたくはない・・・
結論 猫は射撃の的も勤まらんゴミ

サバイバル訓練では、蛙、蛇、鶏、兎、昆虫、植物等を頂くことがあります
食べた後は必ず供養をします。
蛇と蛙は食用で購入したもの
鶏は卵を産まなくなったものやオスなどを
兎は隊員自ら育てお世話したものを・・・2か月も一緒にいれば愛着が・・・

これらを生きている状態でダンボール箱に詰めヘリから投下し野に放ちます。
空腹の隊員たちはこれを捕まえなければ食べることは許されません
これが逃げるのを捕まえるのも必至ですし、食糧達も必死で逃げます

そして生け捕りにされた食糧は、あるものは皮を剥がされ、またある者は首を掻っ切り血抜きをします。

火を通し焼いて食べたり草と合わせて鍋にしたりします。

この訓練が役立つことはないほうがいいのですが、爬虫類、鳥、うさぎ、昆虫好きな方には受け入れがたいことかもしれませんが、牛、豚、鶏、羊、魚
の肉を食らう訳ですから複雑な心境でございます。

さてなぜ現代において役に立たない猫を手厚く保護するのか理解に苦しみます。

人が作り出した不幸な猫は人が始末をつけるのは当然です。

保護、駆除問わず

ところでTNRをひっくり返すとRNT・・・蘭ネーちゃんとは皮肉ですねw
  • #100 シュレーディンガー 
  • URL 
  • 2013.08/14 00:08 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【害獣捕獲の妨害や餌付けだのやってると・・・
        (17)】へ
  • 【クソ暑いと野良ぬこの盛の声でイラつくね
        (11)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。