スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←聖なるぬこクソ?はOK、でも人間様の排泄物はNGって
        (6) →ファーストコンタクト
        (13)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【聖なるぬこクソ?はOK、でも人間様の排泄物はNGって
        (6)】へ
  • 【ファーストコンタクト
        (13)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

野良猫の有害性

何でラスカルはOKで、ぬこたんはNGなの? (7)

 ←聖なるぬこクソ?はOK、でも人間様の排泄物はNGって
        (6) →ファーストコンタクト
        (13)
これを見ると

アライグマをテレビアニメで見てお花畑なオツムで飼ったけど
獰猛化して飼えなくなったから放流したら爆発的に増えて手に負えなくなった。

ラスカルは雑食性で野良猫が食べるものも一部重なる。勿論ぬこたんも餌になる。
「猫が畑のネギも食べてくれれば勝手にクタバってくれて助かるのだが」
まぁ、俺的には野良ぬこだけを専門に食ってくれれば、お咎め無しなんだけどな。

だから外来生物法で指定して積極的な防除することになっている。
「生態系、人の生命・身体、農林水産業に悪影響を与えるもの」ってこれそのまま
野良猫に当て嵌まる筈だ。だけど、野良ぬこはダメって?
「イエネコは国際自然保護連合がリストアップした「世界の侵略的外来種ワースト100」にも
入っているし、脱走や飼育放棄など野生化になるような事態は絶対に避けるべきなのだ。
んで、半野生化「愛誤が中途半端に餌付けして増えた」した個体が野良ぬこだ。

一説には紀元前9500年頃には猫も人間様の食用になっていたので
野良ぬこも無理すれば食えなくはないのかも知れないが、俺はゲテモノは食いたくないがね。
「中国とか東南アジアや南米辺りじゃ今でも立派な食材、猫鍋・猫肉バーガー?らしいが」

他にもこのリポートでは

以下抜粋

~捕獲を行わずにこのまま放置すれば個体数の増加により被害が拡大するため、
その根絶についても我々の責務である。 私たちは、この問題をできる限り早期に解決するため、
野外からの完全排除を目指した行動を起こすとともに、~



6.防除の目標
(1)目標
平成 13 年度以降、捕獲頭数が急激に増加しており、捕獲実績のある市町村も増加している。しか
し、府内のアライグマによる被害は軽減・解消には至っておらず、対処療法的な捕獲では生息数の増
加を抑制することは困難である。したがって個体群動向を把握して、個体数増加以上の捕獲を目指す
必要がある。
アライグマの旺盛な繁殖力や、食性の幅広さ、日本に天敵がいないことなどを考慮すると、捕獲に
より一旦個体数が減っても、野外に残存している限り、再び個体数の増加が予想される。従って、抜
本的な問題解決として、大阪府においてはアライグマの野外からの完全排除を目標とする。
また、捕獲数が目標に達しているかについてチェックできる機能の構築も検討する。

これは野良猫についても同様にすべきだな。

(2)計画的な目標設定
短期目標
アライグマはすでに大阪府域に広く分布しており、平成 13 年度以降、捕獲頭数が爆発的に増加し
ていることから相当数の生息が予想され、短期間での完全排除は非常に困難と推測されることから、
個体数の増大や分布拡大を阻止し、アライグマによって引き起こされる諸被害の低減化を図ることを
短期目標とする。
長期目標
完全排除に向けた取り組みにおいては、科学的、計画的に防除を推進する必要がある。また、捕獲
頭数が減少に転じた場合でも捕獲圧を弱めることなく防除を継続する必要があることから、防除計画
の継続実施により、分布域の縮小、個体数の減少を長期目標とする。
最終目標
抜本的な問題解決のため、アライグマの野外からの完全排除を最終目標とする。よって、捕獲がほ
とんどなくなっても、野外に残存している個体を完全に排除するまで、捕獲努力を続ける。
7.防除の実施
(1)防除の進め方
第1期計画においては、大阪府域のアライグマは一律に分布していなかったため、捕獲状況や被害
状況により5つの地域区分を行い、それぞれの区分について対応のレベルを設定していたが、現状で
はほぼ全域にアライグマが分布してきており、どの地域においても積極的な被害防止対策が必要と考
えられる。このため、第2期においては大阪府全域を重点対応地域と考え、アライグマ対策を進める。
特に深刻な被害発生地域においては、防護柵等の設置のみならず、アライグマに採餌場所や繁殖場 11
所を提供しない生息環境の管理等の被害防止方法の普及や捕獲檻の集中的な設置等による集中捕獲
に取り組む。
なお、第2期防除実施期間中も第1期と同じく、捕獲状況や被害状況についてモニタリングを行い、
その結果によって防除計画の変更や修正を行う。
(2)集中捕獲
被害が拡大し、緊急的に対策が必要な地区については、市町村に府の所有する檻の貸し出しを行う
など、集中的な捕獲が実施できるよう誘導する。
また、繁殖前で重要な冬期の捕獲等、年間を通じたアライグマの捕獲を推進するため、捕獲に対す
るインセンティブの付与として報償金を交付するアライグマ捕獲モデル事業の実施を市町村に働き
かける(平成21年度より富田林市、河内長野市、堺市、和泉市で実施中)。
(3)捕獲の実施
a.役割分担[資料2参照]
大阪府及び市町村は連携して、住民、農業者、関係団体等の協力を得て捕獲を行う。
府は市町村の取組に対し、技術指導を行うとともに、市町村、関係者、関係団体等に情報提供を
行う。また、市町村が独自で積極的な防除活動を実施できるよう、必要に応じて市町村防除実施計
画の策定を支援する。

b.捕獲と台帳による管理
捕獲の際には、原則として捕獲器を使用することとし、鳥獣保護法によるわな猟免許を持たない
者でも、適切な捕獲と安全に関する知識及び技術の指導により捕獲できるものとする。なお、捕獲
に際しては、留意事項を厳守する。[資料3参照]
市町村は、台帳を作成し捕獲の実施状況を管理する。
(4)捕獲個体の取扱い
捕獲した個体は、市町村からの依頼に基づき大阪府が安楽死措置の支援を行う。措置の方法は、麻
酔薬による 2 段階注射(筋肉内注射+静脈注射)もしくは新炭酸ガス方式(麻酔薬吸入+炭酸ガス吸
入)とする。これに伴う、捕獲地から措置支援施設までの個体の運搬については市町村等が実施する。
また、市町村において適切な安楽死措置が実施できるよう指導する。ただし、市町村が実施する安
楽死措置も、府が実施する内容を基本とする。
捕獲個体について、学術研究、展示、教育その他公益上の必要があると認められる目的で譲り受け
る旨の求めがあった場合は、外来生物法第 5 条第 1 項に基づく飼養等の許可を得ている者又は法第 4
条第 2 号の規定に基づいて特定外来生物を適法に取り扱うことができる者に譲り渡すことができる。
なお、譲り渡す場合には、環境省に対し譲渡証明書を発行し、飼養等の目的を確認する。
(5)緊急的な防除等
突発的な出没等により人に危害を与えるおそれがある場合や希少な野生生物への被害が発生する
おそれがある場合、またはその他の事由により緊急的に対応する必要がある場合には、緊急的な防除


只、麻酔薬や炭酸ガス吸入よりエチレンガスの方が知らぬ間に効いて来るので
より優しく安く効率的ではないかと思うが。

これらの行政から提言を見れば判ると思うが、今まで俺が書いてきたことが
ラスカルについては法的にも制度的にも整理されクリヤされている。

んで、これはそのまま、野良ぬこに殆ど違和感なく当て嵌めても何の問題も無いことは
納得出来る筈だ。

要はやるか、やらぬか、突っ込んで言えばやる気の有無だ。
その行政サイドのやる気を削がさせているのは野良猫愛誤の執拗で無意味な妨害だ。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 巷では
もくじ  3kaku_s_L.png 野良猫の有害性
もくじ  3kaku_s_L.png 過去ログより
  • 【聖なるぬこクソ?はOK、でも人間様の排泄物はNGって
        (6)】へ
  • 【ファーストコンタクト
        (13)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【聖なるぬこクソ?はOK、でも人間様の排泄物はNGって
        (6)】へ
  • 【ファーストコンタクト
        (13)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。