更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 01

【  2012年12月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

今年も、ウザい愛誤の騒ぎは聞き飽きた。

巷では

2012.12.31 (Mon)

 大阪の市営住宅付近での野良猫惨殺事件?についてこれ見てると、如何に市営住宅の住人の一部が野良猫の餌付けに関与しているかが判る。例えTNRを口実としても野良猫の被害は無くならない。それと記事から察するに住宅の高齢者の一部が無秩序に餌付けしているとも考えられなくもない。又、飼い猫もヤラれたとか書いてるが野良猫同然の餌付けしかやってないなら飼い主「餌付け主」の管理の問題なので、被害者とは言えないだろう。ま...全文を読む

熊、くま、クマってそんなに共存したいのかね?

巷では

2012.12.07 (Fri)

 今日の国営放送の特集番組で市街地にクマが出没してクマっているらしい。一説には森の食料が何らかの理由で減ったから、人間様の残飯とか狙って市街地に侵入してきた様だ。だが、昨今ハンターも老齢化して又、猟師も減っているので撃たれる危険を知らず人間様を恐れないクマ「新世代クマ?」が出現してきたのだとか?放送中もやれ、撃ち殺すのは可哀想だの、クマに罪は無いだの、愛誤の好きな欧米では麻酔ブチ込んで山奥に放せとか...全文を読む

前月     2012年12月       翌月

Menu

プロフィール

只野乙三

Author:只野乙三
野良猫糞尿害問題は管理の抜けた動物愛護とやらの所為で役所もマスコミもこの事に触れたがりませんが、渦中の人の被害は深刻甚大です。又、これを扱うと何故か謂れ無き誹謗中傷、運営妨害を愛誤と言われる人より受けます。しかし、今ここで、野良猫糞尿等の害に泣き寝入りするつもりは毛頭無く、世間一般に知らしめるべく訴え続け野良猫殲滅への道標の一助になるべく微力ながら
活動してます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。