更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 04

【  2012年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

野良猫狩りは環境に優しい (11)

野良猫の有害性

2012.03.31 (Sat)

 野良猫の存在は人間様以外にも色々な被害を与える。例えば最近世界遺産となった小笠原諸島。野良猫が貴重な天然記念物である野鳥を襲って絶滅寸前までに追い込む。今は住人らが捕獲して、飼いならしてペット用に訓練しているらしいがそこまで、害獣の面倒を見る必要が有るのか甚だ疑問だ。むしろ、その場で〆て肉や皮として現地のペットの餌にした方が飼育コストや脱走のリスクを抱えず又、リサイクルという観点からも無駄が無くて...全文を読む

熊本市動物の愛護及び管理に関する条例のパブコメは面白いな?

野良猫の有害性

2012.03.26 (Mon)

 熊本市動物の愛護及び管理に関する条例(素案)に関するパブリックコメント「ソース」の抜粋近所で飼われている動物の鳴き声や糞尿の臭いに悩まされている。動物の飼育に対する条文もぜひ盛り込んでもらいたい。第8条に動物の飼養又は保管をする者の遵守事項等を規定しており、今後も指導してまいります。俺の答え尊守じゃダメだ。懲罰規定は必須。野良猫愛誤は指導して守るような相手かよ!現状で被害が最も多い犬・猫・鳩への対...全文を読む

熊本市の愛誤法典? (2)

野良猫の有害性

2012.03.22 (Thu)

 ソースから抜粋して見てみると第1条 この条例は、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号。以下「法」という。)の規定に基づき、動物の愛護及び管理に関し必要な事項を定めることにより、市民の動物を愛護する意識の高揚を図り、動物の健康及び安全を保持するとともに、動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害を防止し、もって人と動物とが共生できる社会の実現に資することを目的とする。 (定義)...全文を読む

野良猫愛誤はカルトかファシズムだ (9)

野良猫の有害性

2012.03.14 (Wed)

 http://ameblo.jp/47448562/entry-11125362523.htmlのコタブロに野良猫駆除協力会(怒)2012-01-03 11:51:00 テーマ:小さな命たちこんな酷いブログが~(怒)「ほう?、何処がヒドイの?」どうしたら、潰せるんでしょうか(泣)「潰すだぁ?テメー等何様つもり?」御協力お願い~(>__...全文を読む

虐待しているのはどっちだ? (7)

野良猫の有害性

2012.03.10 (Sat)

 日頃からこのようなサイトを闇サイトと蔑み、罵ってきている猫ボランティアとかいう愛誤共は、今の時期は余り餌付を見かけないが何故か?只、寒いからシンドイしメンドイからだ。要は野良猫の為じゃなくて自己マン、自己チューでのみ餌付けしているからだ。そうすると、どうなるかは想像に難くない。先ず、人間様に下手に餌付けされると自分で獲物を取るのがメンドくなるので、弱い個体は寒さ等で体力を奪われクタバる。「まぁ、こ...全文を読む

TNRMって何じゃいそりゃ? (12)

野良猫の有害性

2012.03.06 (Tue)

 予てより不穏な動きを見せていたみたか123という団体。TNRMなる珍造語を性懲りもなく広めようとしている。最初のTNRまでは何時もの有害無益なお題目なのだが、問題はその後の「M」だ。サイトによれば「M」とはメインテナンス=維持するというらしいがでも、矛盾していないか?何故ならその後の説明には「現在の命を一代限りの命~処分することなく徐々に減らせます。」なる無意味で実行不能な何時もの解釈がしてある。っ...全文を読む

猫飼育と野良猫餌付けの違い (4)

野良猫の有害性

2012.03.03 (Sat)

 俺はこのサイトでは殆どの場合、飼育とか餌やりなんて言葉は意識して使わないことにしている。何故か?先ず飼育となれば、それなりの人による管理と躾が必要だ。例えば他のペットで言えば飼い犬登録が、完全ではないにしろそれが出来たことの公の証となる。それには狂犬病予防接種は義務だからだ。「因みに猫も狂犬病に罹患するので罹患猫に噛まれれば発症の危険性もあるが未だにそれが理解出来ない野良猫愛誤が殆どだ」又、他にも...全文を読む

人間様に迷惑と害悪を及ぼす正義って? (17)

野良猫の有害性

2012.03.01 (Thu)

 先日のコメントの中で気になったので野良猫愛誤の正義?とやらを考えてみる。「誰しも自分なりの正義を持っていると思います。皆一度の人生信念に従って生きてほしいと思います。しかし人生80年で何がわかるのでしょう?完璧な人などいません。他人が自分の正義感と違うからといって間違っているなど言う権利は誰にもないと思います」。このコメントした人に恨み辛みはないが、現にこの野良猫の餌付けの後不始末で迷惑と被害を被...全文を読む

前月     2012年03月       翌月

Menu

プロフィール

只野乙三

Author:只野乙三
野良猫糞尿害問題は管理の抜けた動物愛護とやらの所為で役所もマスコミもこの事に触れたがりませんが、渦中の人の被害は深刻甚大です。又、これを扱うと何故か謂れ無き誹謗中傷、運営妨害を愛誤と言われる人より受けます。しかし、今ここで、野良猫糞尿等の害に泣き寝入りするつもりは毛頭無く、世間一般に知らしめるべく訴え続け野良猫殲滅への道標の一助になるべく微力ながら
活動してます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。