野良猫駆除協力会本部

野良猫の糞尿等の害に苦しんでいませんか?そんな方々の福音となるべくボランティアで始末駆除等、野良猫害について考え提言していくサイトです。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛誤の道楽餌付けのツケの尻拭いが何で公益なのか?

巷では


暑さの所為かずさんな管理の例のポイントの餌付け現場
DSC00418.jpg
そのポイントの側にそれを示す典型的な100均のビニ傘のマーカー

無断で電柱に張り紙をするな違法行為だし見苦しいぞ
DSC00417.jpg
近くの八百屋のリード付き飼い猫の暑さ対策
一部の野良猫の不妊去勢が何で公益に繋がるの?

埼玉県の杉戸町では

「さくらねこ(無料不妊手術事業)とは、下記のようにノラ猫の不妊手術を行うことにより、
ノラ猫を現象させる方法です。」って
じゃあ隠れている野良猫を形として表すわけね?→隠れてる奴が見つかるんだからより〆易いよな。
んで、要するに年賀寄附金からそこらの野良猫の為に安くない年賀状の売上の一部をくれてやると云うことらしいけど
それがどうして公益に繋がるの?杉戸町のページの図にも悪名高いTNRの特にRやったら又しても
糞尿被害は無くならないんだけどね。

しかし、この愛誤団体も美味い寄生先を見つけるもんだな?流石に銭金には野良猫並み
否それ以上の嗅覚が働くらしい。
以前よりは減ったけど年賀状は在る一定レベルの需要は有るし、野良猫ビジネス安泰だな?
この行き過ぎた動物飢饉自体の存在が未だに理解不能だな。
因みに三鷹にもこれに協力する犬猫病院が在るんだと。
そこの診療科目にも猫の糖尿病が有るらしく御大層なことで
んなら、俺の家の周りのメタボの野良猫「只の餌付けのやり過ぎ」なんて皆予備軍じゃねぇの?
こんなのまで年賀寄付金が使われるようになったら
金輪際、ネットでの年始状以外は使わないね。
スポンサーサイト

又もや愛誤の入れ知恵か?要らない制度を作るな!

巷では

今回は野良猫とは直接関係ないので興味無いならスルーしてくれ。

血中愛誤度の高い省庁の環境省が自然環境局動物愛護管理室に作らせた
グッド?プラクティス集について

被災ペットの処遇について色々書かれているが、こういう非常時の場合は
先ずは人間様の安全と安心の生活の確保が最重要課題だ。そんな場面で
高々趣味のペットに一々気を回す余裕なんて無い筈。

ペットは如何にも家族ですって言わんばかりの文面だが、所詮牛馬豚や鶏等の
家畜と同様愛護動物の一部に過ぎないものにそこまでやる余裕があるなら
先ずは人間様に直接利益と恩恵をもたらす家畜に対してもっと配慮すべきだ。

こんなのにペットフード等供給しても、糞ションベンに消えその始末に困るだけ。
少なくともペットを飼っていない被災者には必要な食い物や資源を浪費、食い潰し
必要な場所をムダに占める迷惑な邪魔者でしか無い。

ペットと避難したいなら、その飼い主が己で全て工面すれば済むことなのに何で
態々、国が出しゃばるのか?その為に無駄な税金を支払う気は起きないね。

内容をもう少し細かく見ると

①~◯市被災動物救護対策臨時本部を立ち上げ~って別にそこまでやる必要無いだろ?
そこに使うヒト・モノ・カネのリソースは先ずは被災者に回すのが先決ってか、
そんなのペット所有者が各自の責任においてやれば済むことだ。

②同行避難したペットがトラブルにならないよう配慮?
だったら、ペットなんて最初から入れなきゃ済むこと。
何で一部の避難者の趣味嗜好の遂行継続の為に避難先まで、そこまで配慮しなきゃなんないの?

又「ペット同行避難者専用の居住スペース(区画分け、空き教室、別棟)の提供)」って
非常時にそんな余裕が何処に有るのかね?以前の震災の時もそうだったが先ずは
被災者家族等のプライバシー優先を考えれば、人間様に対する余裕有る区画で手一杯じゃないのか?
そうでなくたって、区画したって鳴き声唸り声とか臭いやペットに集っているノミ・ダニが問題だ。
オマケに散歩の毎に一々、寄生虫や病原菌の退治や洗浄に貴重な水資源等を使うなんてムダだ。

更に問題なのは「ペットアレルギーの方へ、ポスター等による周知」って、だったら尚更
ペット不可にすべきじゃないの?そこまで、ペット飼い主じゃない被災者が我慢する必要は無い筈だ。
普通、被災者はパニックになって憔悴しきっているのに更にストレスを与える様な行為は慎むべきだ。
「画像を見るとペットケージが近接密集しているが、ここで若し何らかの疾病に罹患したペットが居た場合
他の健全なペットも罹患する可能性も有るんじゃないのか?」


③②と同様だが仮設住宅でのペット連れ入居について
「別楝~住民共同での飼育管理~」って冗談じゃないよ!皆、己のこれからの生活に手一杯なのに
何で、お遊びのペットの面倒みなきゃなんないの?
「動物飼育ルールづくり」って、只でさえ混乱している状況に要らぬルールを作るなよ。
だからこそ、ペット持込み不可にすりゃ済むことなのだ。

④飼育世帯地図を作成の上、県職員による給餌を実施について
そんなことで貴重な人員をムダに使うな!、その前に被災者の安否確認と当面必要な物資の運搬に
働かせろ!そんなにやりたきゃ愛誤ボラにでもやらせれば済むことだ。

兎も角、特に愛誤は行政や人間様のボランティアに集らず、
非常事態にペットにも配慮せよ等特別扱いを受けたいなら、予めその自治体にペット税とかを
支払うか、その時に備えて、ペットと避難用の別荘でも建てておくことだ。
それとも、自ら責任を持ってペットを誰かに譲渡するか〆るかだ。

猫バカ極まれり「外飼い猫の不慮の死」

未分類

この事件は外飼い猫のトラブルでは在りがちなケースだ。
記事に拠ると、隣同士犬と猫を飼っていた親戚同士だとか。
まぁ、字の如く犬猿の仲では無かったがこの一件で諺通りになってしまった。

事の初めは猫を飼っていた隣人が隣の飼っていた犬に飛び掛かり大怪我をさせた
過去がトラウマとなり今回のそこで外飼いされていた猫も又同様に飛び掛かってきたので
自分の犬を引き離そうとしたが、ダメで何度も飛びかかってきたので仕方ないので
猫に手を出して結果的にクタバッたということらしい。

まぁ、経緯からすると先ず明らかに、外飼い猫は加害猫であり、過去にもやっていたので
同じ個体かは定かでないが、その時点で犬の飼い主は被害者だ。

当然、自分の財産である犬に危害が及ぶに辺り正当防衛的手段で猫に対処して
結果的にクタバッたということであり、更にクタバッた猫の餌付け主にも謝罪して
司法での罰金も払っているので、これ以上責められる覚えは無いだろう。

それでも敢えて告訴するというのなら、むしろ外飼い猫の餌付け主の無責任飼育や
過去の犬に対する暴虐行為について謝罪と保証をすべきだ。おそらくは双方ともの
弁護士での過失相殺で幕引きとなる可能性が高いと思うが・・・。

それにしても、こういう外飼い猫の餌付け主ってのは普段は無責任に自分の猫の
過失に対して何の謝罪も補償もしないクセに、少しでも逆の立場になると
基地外沙汰に逆上するのは愛誤の特徴だな。

それが嫌なら普段から家屋敷の中でのみ飼育すれば済んだ話だが
猫愛誤の無責任さだけが目立った事件だ。

野良猫狩りは何時やるの?今でしょ今「カラスの二の舞は近いかも?」

野良猫の有害性

DSC00412.jpg
今朝、自宅の車庫跡地に野良猫のゲロ、ハエも集るし陽気も手伝ってクセぇ~クセぇ~。
よく見るとタマネギらしき内容物がチラホラ混じっているので野良猫愛誤が間違って
餌に混ぜたか、このゲロ主の猫が中毒になっていることを願うのみだ。


一向に衰えない鳥インフルエンザ、この連休で中国から何らかのルートで
侵入してくるかも知れない否、既に潜伏期間になっているかも知れない。

日本は未知のウイルスには極めて無防備で脆弱な社会だ。
一応、当局は水際作戦とやらで対応するらしいが・・・何処まで有効かは
未知数だし、侵入ルートは人からとは限らないしな。

まぁ、今まで普通だと水疱瘡とかなら、経験済みな人は多いが今、
20代前後の若い世代に流行っているらしい。
「俺の世代だと小学生とかだったが」

まぁ、今も当時も民間で出来る対策なんて気休めのマスクと
家に帰ったら手洗いウガいの励行ぐらいしか無い。

特に、最近の行き過ぎた動物と共生とか保護云々ナンチャラの所為か
野生動物は元より巷の癌、野良猫にさえムダに優しさを強要される始末だ。

野生動物にムダに餌付けして失敗した例は数多有るが、最近ではイノシシに
ムダにと云うか無意味に危険な餌付けする◯カ愛誤が居るらしく
さんかくさんのサイトでも警告している。

他にもクマの餌が足りないから、ドングリ撒けとか・・・
んなことやったら、人間に釣られて里に居着いてパニックになるのは
必至だ「元々プレデターを何とかギリギリ山だけに留めていただけだ」。

このクマとかイノシシ、や鹿に寄生してるダニやヒルなんかも
こられと共に里に出現すれば厄介なことになる。

さて、翻って野良猫を含む害獣についてはどうか?
公園の砂に便所代わりに糞ションベンを垂れる外飼い野良猫共の所為で
これからの季節、公園で無邪気に遊ぶ子供達がウイルス感染の最初の
ターゲットになることは想像に難くない。

こんなウイルスキャリアなんてこの際、国レベルで殲滅しないと
先ずは、マトモに飼っているペットの猫まで感染して
九州のブタの屠殺処分みたいに疑いだけで、ガス室送りになるだろう。
それは全て野良猫に餌付けした愛誤共の責任だ。

昨今、カラスに毒物を盛って始末したかの事件?が有ったらしい
まぁ、この場合、公共の場所でやったので一応当局が事件性を
疑っているらしいが、個人宅で有った場合は多分、沙汰闇になるな。
同様に、野良猫にも有り得るし、俺的にはスッキリスマートに
問題が片付いて助かるが・・・。

狩りの季節

野良猫の有害性

一般に狩り「狩猟」はウィキに拠ると
「人間の生活環境にとって不都合な影響を及ぼす動物を排除する駆除のために行われてきた。」
つまり野良猫はこれに十分該当する害獣なのだ。

又「飼育している動物や栽培している植物を捕食する動物を駆除し、生活資源を保全すること
従来は存在しなかった外来種が侵入するなど、生態系が乱されることを防止するため、または乱されてしまった生態系を原状に回復させるため、その外来種の動物等を選択的に駆除すること
人間が特定の動物種の個体数を意図的に増加・減少させてしまった結果、その生態系のバランスが崩れ、それを修正するために動物種を狩猟すること
いずれの形態であっても、捕獲した鳥獣が副次的に資材を得るために用いられる場合がある。」

これらのことにも該当するので、野良猫を狩らない理由が無いのだ。
今は使ってないが三味線の皮の為に〆ても上記の理由でムダになっていない。

まぁ、今なら肉はペットフードの足しに皮は100均の安物の革製品とかに使えばムダは無い。

それとウィキでは「日本の法律で禁止されている狩猟道具」の中に
「鷹狩りに関して、それを違法とする法的根拠は存在しない。」と有るが、
これを愛誤と同様に拡大解釈?すると
例えば鳶に野良猫を襲わせるように仕込んでも何も問題は無いと思うし、又害獣の再利用法として
可能かどうかは別としてラスカルに野良猫を噛み付かせて捕らえても問題無さそうだ。

少し話題は変わるが、昨今巷を騒がせている鳥インフルエンザについて野良猫との関係を考えてみると
未だ、詳しい生態や伝播経路は掴めてないらしいけど一般に野生の鳥から家禽に感染していく様なので
一度感染すればその家禽の育成業者は多大なダメージを被るのは既に日本で経験済みだ。
一説にはウン千億単位の損害?が出ているという。その中で原因の一つではないかと注目されているのは
外部から侵入する野良猫を含む害獣だ。
「これに反対して野良猫を増殖させる行為をする愛誤はこの損害の責任を取らねばならない」

野良猫は世界でも侵略的害獣の一つとして注意喚起されている札付きのワルだ。
知っての通りこれが野生の鳥インフルエンザに罹患した鳥獣を襲っていればウイルスキャリアとして
次に家禽を襲った場合、上記の悲劇が発生するのは想像に難くない。やはりこうなる前に

悪の根は絶やすべきであり、それには全国一斉野良猫駆除を定期的に何度も繰り返し行い
殲滅するしかない。

更に既に中国では人から人への感染が疑われる事態となっているが
「途中の中間宿主で変異して人間様にも取り憑ける様になった?」
こうなるとパンデミックになる前に早急に害獣退治を国家レベルでやらなければ
日本みたいに街中を好き勝手に野良猫が彷徨いている国はヤバイぞ。
<
高々害獣野良猫なんぞ全て消えても誰も何も困らないのだから・・・。
「むしろ保健所で〆る費用が浮くので税金の節約になる」
この話はもう少し続けようと思う。

Menu

プロフィール

只野乙三

Author:只野乙三
野良猫糞尿害問題は管理の抜けた動物愛護とやらの所為で役所もマスコミもこの事に触れたがりませんが、渦中の人の被害は深刻甚大です。又、これを扱うと何故か謂れ無き誹謗中傷、運営妨害を愛誤と言われる人より受けます。しかし、今ここで、野良猫糞尿等の害に泣き寝入りするつもりは毛頭無く、世間一般に知らしめるべく訴え続け野良猫殲滅への道標の一助になるべく微力ながら
活動してます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。